DSC0658311.jpg

サーターアンダギー祭り

 

SINCE NOVEMBER 11, 2011

 

沖縄フルーツランドでは、年に一度「サーターアンダギー祭り」を開催しております。サーターアンダギーは、琉球王朝時代から引き継がれる幸せのお菓子です。そのお菓子にはたくさんの歴史や物語が詰まっております。それらを引き継ぐ為に、年に一度行われるお福分けのお祭りです。

 
 
 
 
 
 
 
繝ュ繧ウ繧吶・繝シ繧ッ02.jpg
2011年11月11日「第一回サーターアンダギー祭り」が開催されました。多くの方に参列していただき、大変充実したサーターアンダギー祭りとなりました。本日はお祭りでご説明しました「開催趣旨」を書き起こしてみました。少し長くなりますが、ぜひお読みください。
 

 

これからサーターアンダギー祭りが開催趣旨をお話いたしますが、時は2005年ほどにさかのぼります。

当時、今と変わらず会議を行い「売れる商品」や「次は何が売れるのか」など話をしていました。

今考えると「流行りもの」を一生懸命追っていたような気がします。

 

2006年になり、とても素晴らしい出会いがあります。

100年以上続いている老舗企業の皆様との出会いです。

その方々に大変懇意にさせていただき、京都・福島・東京に私が行くことになりました。京都は、お豆腐屋さん、福島は、饅頭屋さん、東京は、スイーツなどなど・・・・。

 

さてこの方々とお会いし、会話の中で大変素晴らしいヒントを頂きます。

 

「京都や福島では、皆様が製造している素晴らしい商品をたくさん見せていただきました。沖縄の我々も新しいものをどんどん取り組んでいきます。」

 

「安里君達は、何を作っているの?」

 

「我々は、サーターアンダギーと黒糖ぐらいでしょうか」

 

「あるじゃないか!!サーターアンダギーや黒糖など、それから沖縄についてもっと深く調べたほうが良いよ、我々だって豆腐と饅頭を作っているんだよ、流行りものより自分達が何者なのか調べてごらん。きっと大切なものがあるはずだから!」

 

ハッとしました。

今までたくさん売ってきたサーターアンダギーが何なのか、沖縄が何なのか、はたまたフルーツランドが何なのか、自分は何なのか、1つも答えることができなかったのです。


 

 
繝ュ繧ウ繧吶・繝シ繧ッ02.jpg

さて、そこから3つの事を調べ始めます。

 

1つ目は、琉球王朝の歴史です。

 

2つ目は、御菓子の歴史です。

 

琉球古代神々の時代から、第一尚家、第二尚家、薩摩の侵略から琉球処分、太平洋戦争に入るまでの各国の動き、そして沖縄地上戦まで琉球王朝の歴史を調べるにつけ、大変素晴らしい歴史があることが分かりました。大変感動しました。

 

我々の生まれた故郷の歴史は、国内をはじめ世界各国に比較しても負けないくらい素晴らしい歴史があったのです。

そして、御菓子ですが、こちらも歴史の中で培われたノウハウや出会い、御縁がもとで生まれてきており、大変素晴らしい物語がたくさんあるのです。

 

その中で特に素晴らしい物語を含んでいたのが、「サーターアンダギー」でした。

 

サーターアンダギーは、頭の部分が割れています。

 

割れている部分が笑っているように見えることから、「幸せの御菓子」として誕生しました。

 

 沖縄フルーツランドでは、30年以上前にこの幸せの御菓子を幸せな気持ちで観光に来るお客様にお届けしたいとの思いで、祖母、安里恵子さんを中心にサーターアンダギーの製造が開始されました。大好評をいただき、今でも大定番として売れ続けています。


さて、この御菓子は、琉球王朝時代、当時の宮廷料理人が中国を訪れた際に、その美味しさと幸せという意味にひかれ、琉球へ持ち帰ってきました。中国では「開口球」、台湾では「開口笑」という品名で売られています。しかし沖縄では残念な事に「サーターアンダギー」という名前で用いられました。それが後々大切な意味が忘れ去られる結果になるのですが・・・。

 

幸せの意味があるサーターアンダギーは、結婚式をはじめ青年祝いなど幸せな場所に登場します。また沖縄は、種まきや漁業などは月の「陰暦」を用い行われます。収穫ももちろん陰暦です。そしてお祭り、豊年祭もそうですね。月と共に生き、祝い、その幸せな場所で食べるのはサーターアンダギーです。

 

そしてサーターアンダギーの「生まれ方」は、とても幸せです。油の中でコロコロ転がり、表面に出て来ると、頭の部分がパカッと割れます。とても嬉しそうに生まれてきます。

私がまだこの会社に来た頃、サーターアンダギー工場で祖母の安里恵子(創業者妻)と言い争いをした事があります。

祖母は、割れていないアンダギーをどんどん不良品として処理しているのです。

私は、「味も賞味期限も全て同じなのに、なぜ商品から外すの!もったいない!!」と言いってしまい、結果お互いの言い合いになってしまいました。

 

しかし、今なら分かるのです。割れていないサーターアンダギーは売ってはいけないのです。サーターアンダギーは笑っていなければ、サーターアンダギーではないのです。

 

その大切な思いを形にしたのが「ASATOYAブランド」です。

 
 
 
繝ュ繧ウ繧吶・繝シ繧ッ02.jpg

ASATOYAブランドを説明する前に、安里家の説明をしなければなりません。

 

先ほど書いた3つの調べ物の3つ目が、「私は何者なのか」です。

その手掛かりとなったものが、八世安里普徳が書き残した「家譜」の写しでした。昭和37年頃那覇市安里にある直系の家へ行き手書きで書き写していたのです。その家譜をヒントに2007年から過去をたどっていきました。

 

そしてなんと!!

2011年5月、原本が見つかったのです。

私たち安里家は、代々琉球王朝に勤めており、琉球王朝から「唐名:満」を頂いておりました。
初代安里普寛の唐名(カラナ)は、「満自謙」です。
明治維新まで安里の姓と唐名の両方を持っておりました。

また、家譜の中には大変素晴らしい安里家に伝わる「思い」がありました。

それは、安里家が引継いだ名頭「普」です。(名頭:名前の1文字目)

「普」には、「広くいきわたる様」という意味があります。筑登之親雲上という位を頂き国政についた初代安里普寛は、「普」の下に善・良・栄など皆がこうなるように言う思いを込め名づけていきました。

その思いは三六〇年長きにわたり安里家の中に引き継がれています。

 

いろいろなブランド名を考えたのですが、これだけの素晴らしい思いは他にはないと思い、安里家をそのままブランド名としました。

そして、もう一つ気づいたことがあります。

歴史を紐解いていくと、安里家の名頭「普」・FruitsLandなどアルファベットの「F」に関することが多くあるのです。

これまで、沖縄の観光は、広い海・きらめく太陽など沖縄の力そのものので成り立っていたました。

我々観光施設もある意味助けてもらっていました。

しかし、今後それではいけません。

我々独自のスタイル、そしてお客様さへのお約束という意味も含めたコンセプトを構築する事にしました。

安里家/ASATOYAと共に生まれたコンセプトは、「F+コンセプト」です。

我々独自の「F」をどんどん創りプラスして行こうとの意味です。

 
 
 
 
 
 
 
スクリーンショット 2021-04-06 10.34.32.jpg
スクリーンショット 2021-04-06 11.29.26.jpg
スクリーンショット 2021-03-16 18.16.34.jpg

琉球王府系図座14番 新参満姓家譜序

 
スクリーンショット 2021-03-16 19_13_07.jpg

昭和8年頃名護市中山にて 中段右端 九世普徳 下段右端 十世普榮(フルーツランド創業者)

 
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、サーターアンダギーの幸せの物語、ASATOYAブランドの思いをどう伝えていくか、そして守っていくかを考えました。

そしてそれを伝えるに、お祭りを開くことを思いつきました。

 

それがこの「サーターアンダギー祭り」です。

 

このサーターアンダギー祭りを毎年開くことで、沖縄の歴史やお菓子の重み、素晴らしさ、尊さ、そしてお客様に対するお福分けの心、感謝の心、そして我々自身はその誇りを忘れないよう繰り返していきます。

 

そして、毎年の祭りで必ずお話しする物語があります。

 

それは、2012年頃の出来事でした。

 

ある日、女性がお一人でご来店しました。

支配人が、その方を見つけお声をかけてみました。

明らかに、元気がありません。

気になった支配人は、園内をご案内することしました。

フルーツの説明やサーターアンダギーの話、黒糖工場では製造体験などをしていただきました。

午前中のご来店から閉店間際まで、なんと、8時間もフルーツランドを楽しんでいただきました。

最後は、まんべんの笑みで帰っていきました。

後日、その方からお手紙が届きました。

沖縄に一人で来ていた理由・・・

それは、沖縄で命を断とうと思っていたのです。

大好きな沖縄でその場所を探していたのですが、

フルーツランドでサーターアンダギーの話を聞き、

私には遠いものだと思っていた「幸せ」が、昔から引き継がれているものにこそ、

詰まっていることがわかりました。

私の家でも探してみると、ありました。

 

お手紙と共に、お餅が届いていたのです。

 

お餅には、幸せを包む・逃さない・くっつくなどの意味があったそうです。

 

沖縄のお菓子には、人を救う力があったのだと私達も感動しました。
その方は、それからバスガイドさんとして、たくさんのお客様にその幸せのお話をしているそうです。

 
 
 
 
繝ュ繧ウ繧吶・繝シ繧ッ02.jpg

さて、最後になりますが、沖縄でも稀に割ていないれていないアンダギーが売られていることがあります。

沖縄のお菓子の意味を大事に伝え、今後もこの物語が引き継がれるよう、 今回ASATOYAブランドからサーターアンダギーを「結月果報」という名前で新しく生み出します。

 

サーターアンダギーは、昔ながらの製法で、水を一切使用しない卵だけで作った濃厚なアンダギーです。

それにサーターアンダギー「10の物語」を付加価値としてお届けしていきます。

 

 
 
スクリーンショット 2021-03-16 13.13.38.png
スクリーンショット 2021-03-19 14.34.24.jpg

今後もASATOYAブランドからは、どんどん新しい商品が販売されます。

 

ぜひ毎年開かれるサーターアンダギー祭りと共に末長くお付き合いいただけたら幸いです。

本日はご一読いただきありがとうございました。

沖縄フルーツランド株式会社

​代表取締役 安里博樹

 
 
 
スクリーンショット 2021-03-16 19.12.56.jpg